2019年1月8日 日々雑感

経営者というか上に立つ人は唐突に物を言う、と良く言われる。

受け止める方は、突然の話を振られても戸惑うだけだとの意見が多いが、

私はそうは思わない。

突然に物を言う、というがその多くは核心を突いていることが多いからだ。

曲がりなりにも上に立っている人の話はいつでも受け止めれれるようになって

いなくてはならない。

それを受けて今の仕事にどう関連付けて展開していけるのか、また今までとは

まったく異なった発想が必要なのか、考える必要がある。

できる人のつぶやきは他の人に気づきを与え、視野を広げてくれる。

企業人たるもの、いつでもスタンバイの状態でなければならない。